住宅ローンを組むには審査が必要?

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住信SBIネット銀行の住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住信SBIネット銀行の住宅ローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という物は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住信SBIネット銀行の住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンを組むためにはまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住信SBIネット銀行の住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

住宅ローンの審査に落ちたのはなぜ?